ぎっくり腰の原因から対処法まで

ぎっくり腰・急性腰痛はカイロがおすすめです

ぎっくり腰は正確には「急性腰痛」と言われます。俗名「魔女の一撃」と呼ばれるほど強く痛むことで有名ですね。

 

急性期は通常発症から4週間未満と定義され、慢性腰痛とは3か月以上持続する腰痛です。4週~3ヶ月の間を亜急性と定義することが一般的です。

※腰痛診療ガイドライン2012 日本整形外科学会・日本腰痛学会監修

 

上記ガイドラインでは腰痛の原因は「脊椎由来」「神経由来」内臓由来」「血管由来」「心因性」に分類されます。一般的にぎっくり腰というときは脊椎由来の急性腰痛のことを指します。

関連;腰痛の方へ(当サイト内)

 

ただし、血管の疾患など病気が原因となっていることがあるので、注意が必要です。カイロプラクティックでは治療において危険な問題がないかを鑑別できるWHO基準のカイロプラクターの施術を受けることをおすすめします。

ぎっくり腰の痛みの原因

1.腰の筋肉や筋膜(筋肉を包む膜)の損傷

ぎっくり腰・急性腰痛は筋肉の問題が原因となっていることがあります

身体の準備ができていないときに行った不意な動作で筋肉を痛めるのはよくあることです。こと腰にいたっては筋肉が非常に大きいので痛めたときには痛みがとても大きくなります。

 

「腰の不安定化」とお腹のインナーマッスルである腹横筋がはたらかないことによる「腹圧低下」が原因になります。※詳細は当ページ下記にあります

2.仙腸関節の損傷(捻挫)

ぎっくり腰・急性腰痛は骨盤・仙腸関節の問題が原因となっていることがあります

骨盤には腸骨・仙骨・腸骨と3つ骨が横に並んでいますがその間を仙腸関節といいます。

仙腸関節は上半身からの力を両足に伝える中継と衝撃吸収をしたり、身体の平衡感覚を感知するセンサーとしてとても大事な役割があります。

 

この関節の中には軟骨があり、外は多くの強靭な靭帯で守られています。

 

仙腸関節に不意に大きな力が加わったときに仙腸関節を痛めてしまうことがあります。

このとき仙腸関節の内部や靭帯からの痛みのほかに、周りの筋肉の痙攣もともなって強い痛みを出します。

3.腰椎の損傷

ぎっくり腰・急性腰痛は腰椎の問題が原因となっていることがあります

5つある腰の骨どうしは前方に椎間板、後方に椎間関節でつながれています。

 

腰を前方に曲げる動作では椎間板

腰を後ろに反る動作では椎間関節

腰をひねる動作では椎間板や椎間関節をおおう関節の膜

が損傷します。

ぎっくり腰・急性腰痛の本当の原因

上記すべての問題でのキーワードは「腰の不安定化」「腹圧の低下」です。

腰の不安定化;腰椎や骨盤の変形や脳のはたらきの低下による

腰の不安定化はぎっくり腰や急性腰痛の原因となることがあります

年齢とともに骨は変形しやすくなります。特に負荷の大きくかかるところはなおさらです。腰には大変大きな力がかかるので、変形することが多くなります。

 

背骨は四角い骨と椎間板が交互に積み木のように骨盤から上に積み重なっています。この骨と椎間板の形が変わってきたら背骨は安定感をなくします。不安定になった背骨の周りの筋肉は常にバランスをとることを求められて緊張状態にあります。この状態で不意に動き出すと腰は制御不能になり筋肉を痛めたり、腰椎や骨盤の関節を痛めることになります。

 

ただし、この不安定な状態でも、それを伝える感覚神経とそれを制御する脳、筋肉に指示を出す運動神経がしっかり協調してはたらいていればぎっくり腰のような最悪の状態を防げます。しかし、神経のはたらきも加齢や運動不足によって鈍くなりがちです。このようなときにカイロプラクティックは有効です。

 

腹圧の不足;運動と普段の姿勢の意識がカギになる

体幹の筋力低下はぎっくり腰・急性腰痛の原因となることがあります

腰を支えるには

・お腹の圧(体幹)を使う

・背中の筋肉を使う

二つの方法があります。

 

ですが、ふだん意識していないとお腹に力を入れることがなくなり、腰の筋肉が過剰に使われている状態になってしまいます。

 

この状態で不意に動くと、腰の筋肉は過剰に使われて筋肉を痛めたり、腰の骨や骨盤の関節をしっかり支えられなり痛めてしまいます。

 

これを防ぐにはふだんから意識してお腹をへこませてお腹の圧を高める練習をしておかなければいけません。カイロプラクティックしもんでは、この方法をお教えし、実践できるようアドバイスします。

運動不足、疲労、内臓のはたらきの低下

腰の不安定化もお腹の圧の低下も、その原因を突き詰めていくと

・運動不足

・疲労

・睡眠不足

・内臓のはたらきの低下

 

内臓のはたらきの低下は、運動ー睡眠ー食事といった生活リズムの崩れた生活を送ると起こります。内臓、とくに胃腸などが自律神経の不調によってはたらきは落ちたりすると、周囲の筋肉の筋力を低下させます。この状態は、血液検査などで検知できないいわゆる「未病」に状態です。

もしぎっくり腰・急性腰痛になってしまったら

安静にする?動く?

何日から動くかなどと質問をされることがよくありますが、何をどのくらい痛めたのかによってまったく判断が変わりますので自分の状態をよく見極めましょう。その判断を下にしるします。

 

ぎっくり腰になったばかりでどうにも動けない

安静にしておきましょう。この状態で無理に起き上がっても良くなることはありません。ただ多少は動いても大丈夫な方向への動きがある場合は、その方向のみに痛みのない範囲内で動かしてみましょう。

 

少しなら動ける

もし身体を起き上がらせることができる、少し動けるのであれば、痛みのなるべくない範囲内で動いていきましょう。この段階では最低限の日常生活程度の負荷でも十分な回復訓練になります。

 

だいぶ動ける

ここまでくればどんどんと動きましょう。運動をすることで慢性化を防ぐことにもつながります。

 

 

最近では、最近の急性腰痛に関する研究では安静よりも動ける範囲で動く方が社会復帰の期間が短くなることが分かってきています。

 

安静療法については、腰痛診療ガイドラインでは以下のようになっています。

安静は必ずしも有効な治療法とはいえない。急性腰痛に対して痛みに応じた活動性維持は、ベッド上安静よりも疼痛を軽減し、機能を回復させるのに有効である。(Grade D)

参考文献:腰痛診療ガイドライン2012

冷やす?温める?

熱感がある場合は、冷やすようにしましょう。冷やすといっても氷などを使って冷やすアイシングと言われるものです。袋に氷水をいれて約10分ほど患部を冷やします。15分以上アイシングをするのは逆効果になりますので避けてください。10分冷やして50分冷やすのをやめ、また10分冷やすサイクルを3回くらい行うと深部までアイシングの効果が届きます。

 

熱感がとくに感じられない場合は、温めても大丈夫です。

急性腰痛に対する温熱療法は内服と比較して治療開始後4日目の疼痛およびRoland-Morris Disability Qestionnaire(RDQ)を有意に改善する。

参考文献;腰痛診療ガイドライン2012

 

 

湿布の温冷ですが、薬剤の効果はありますが、温める冷やすことについての効果はそれほど望めないのでどちらでも構いません。

コルセットをする?しない?

発症してすぐの痛みが強い時期にはコルセットをしていてもよいでしょう。腰椎コルセットの着用が機能改善に有効であるとする報告が複数存在し、患者の機能回復に有効である可能性が高いとされます。痛みで日常生活を送るのも困難であれば着用してもよいでしょう。 しかし、慢性腰痛では無治療と比較して疼痛や機能改善には効果が認められていないとされています。私の個人的な経験からしても長期間コルセットを着け続けるのは自力で腰を支えられるようにするためにも、あまりおすすめしません。

引用部 参考文献;腰痛診療ガイドライン2012

ぎっくり腰・急性腰痛のカイロ治療について

損傷した組織を問診検査から特定し、炎症の有無について注意を払いながらカイロ治療していきます。

 

1.筋肉

 痙攣・過緊張をおこしている筋肉を緩めます。ここではマッサージでなく筋肉を緩和していくテクニックを用います。

 

2.関節

 関節の調整をし、機能改善を図ります。関節の動く範囲が広がります。

 

3.背骨全体

 姿勢が悪化すると身体の重心は身体の中心から外れ、不安定になります。こうした人では腰だけでなく背中や首の背骨の柔軟性がなくなって、適切な姿勢をとれなくなっています。よって背骨全体に関節の調整を行い、身体の重心を安定させます。

豊橋のカイロプラクティックしもんへの予約はお電話で

0532-31-1646

スマホの方は上記番号をタップで電話予約できます

 

受付時間; 9:00~12:00 15:00~20:00

定休日 ;日曜日

豊橋市牟呂外神町6-13

ぎっくり腰で豊橋のカイロや整体をお探しならカイロプラクティックしもんへ。