お子様の姿勢気になりませんか?

最近、電車の中やショッピングセンターなどで座っている子供たちの姿勢が丸まりすぎていることが気になる方も多いと思います。実際に自分のお子様の姿勢について当院に相談に来る親御さんも年々増えてきています。

 

子供がよくとっている姿勢

子供の姿勢が悪いと何がいけないのか

姿勢が悪いと起こること

では姿勢が悪い子供のなかでは何が起こるのでしょうか。

 

1.呼吸が浅くなる

  背中が丸まると肋骨で囲まれた胸郭が狭くなり呼吸が浅くなります。脳には酸素が大量に必要です。深い呼吸でたくさん息を吸い込むことが子供には特に大事です。

 

2.身体が固くなる

 

 

 

 

 

同じ姿勢を取り続けないことが大事

当院での姿勢の直し方

施術ですること

姿勢の悪い子の問題は、悪い姿勢を覚えてしまってきていることです。なので気を付けていないとすぐに悪い姿勢に戻ってしまいます。そのために必要なのは、身体と意識へのアプローチ。施術は身体に正しい姿勢を分かってもらうために行います。

 

 

大切なのは姿勢について子供が理解すること

どんな姿勢をとるのかはすべて子供本人次第です。24時間私が監視する訳にはいきません。よい姿勢をとれるよう施術やアクティブケア、アドバイスを通してお手伝いはできますが、自分で意識していないと直りません。常に意識して姿勢を直す→無意識でいい姿勢をとるようになるの順序が必要です。子供の場合は、親をはじめとした周りの大人が注意をして見守ってあげることが大事です。正しい姿勢の習慣がつくまで根気強く見守りましょう。